3Dプリンタ印刷:子供用の深皿(2021年03月16日)

今回は、子供用の深皿を作ってみました。

なんとか安く軽く作れないかと考えた末、PETGフィラメントで作ってみました。

子供用の深皿

PETGフィラメントで印刷した子供用の深皿

手持ちのフィラメントを使用しただけなので、地味で子供が好きになるいろではありませんが、十分に実用できました。

印刷設定・素材など

対象

今回は自作のモデルで印刷しました。

Fusion 360で作成したスパイラル花瓶モードを前提としたモデル

Fusion 360を使って、5分で作成した円柱です。

ただ、手触りを考えて1~2mmほど面取り(フィレット)をしておくのがコツじゃないかなと思いますね。

これをある方法を使って印刷しました。

フィラメント

今回も使用したフィラメントはこちら。

今回は「RepRapper PETG フィラメント グレー」です。

品質が高くて安価なRepRapperフィラメントですが、PETGも扱いやすくて重宝しています。

印刷の主な設定値

PrusaSlicerで印刷しました。下記以外はデフォルトの設定です。

スライサーPrusaSlicer 2.3.0
ノズル温度240℃ (1番目のレイヤー: 250℃)
ベッド温度85℃(1番目のレイヤー: 90℃)
レイヤー0.15 mm
サポートなし
インフィル0%
スパイラル花瓶有効

今回のポイントは「スパイラル花瓶」の機能です。こちらで有効にしました。

PrusaSlicerのスパイラル花瓶モードの設定箇所

この「スパイラル花瓶」機能ですが、「花瓶モード」と呼んだり、「スパイラルモード」と呼んだり、様々なパターンがあるようですね。

詳しくはこちらを参考にすると良いようです。

3Dプリンタの黒魔術[スパイラルモード]|はるかぜポポポ|note
「3Dプリンタは魔法の道具かもしれないが、3Dプリンタを使う我々は魔法使いなのだろうか?」みたいなことを先日すこし書いたが、 実はスライス工程で黒魔術の記載がチラッあったりする事に、皆さん気づいておられるだろうか? 「黒魔術は存在する!!」 こんなふうに (Cura15.04.5のエキスパートセッティング) ...
スパイラル(花瓶)モードの可能性を引き出す #3Dプリンター|はるかぜポポポ|note
FDM(FFF)方式の3DプリンタのスライサーにはスパイラルモードやSpiral Vase 、花瓶モードと呼ばれるモードがある。 が、たぶん3Dプリンターユーザーの45%は使ったことが無い。 さらに言えばあと45%は花瓶を数回出力して終わり。 残りの8%も簡単な形状の自作の容器を出力しているぐらいであろう。 残りの2...

このスパイラル花瓶モードを設定した後、スライスした結果はこちらです。

PrusaSlicerのスパイラル花瓶モードで円柱をスライスした結果

先ほどの円柱が見事に器に変わりました。

どのようなスライス結果になるかは、何度か練習してみないと分かりにくいと思います。

印刷結果

印刷直後にInstagramに投稿してみました。

実際の印刷記録はこちら。

通常印刷した子供用深皿をスパイラル花瓶モードで印刷したOctoPrint + Print Job Historyの記録2
OctoPrint + Print Job Historyの記録
フィラメント使用量18.23g
費用\ 35.40
所要時間2h10m2s

ポイントはフィラメント使用量の少なさと費用の安さです。

もちろん所要時間はかなり短時間で済んでいますが、それ以上にコストの低さが魅力です。

しかも、PETGフィラメントは素材の柔軟さが強みでもありますから、下記のツイートのように少しくらい潰しても壊れません。

しかも、仕上がりはかなりキレイです。

僅かな積層感はありますが、日常の使用にまったく支障がありません。

子供が少しくらい握ったり投げたりしても壊れることはありません。

比較:通常印刷した場合

厚さ0.8mmの器として通常印刷すると、下記のようになります。

印刷した記録で確認すると、こんな感じです。

通常印刷した子供用深皿を通常印刷したOctoPrint + Print Job Historyの記録2
OctoPrint + Print Job Historyの記録2
フィラメント使用量40.53g
費用\ 99.21
所要時間5h51m33s

なんと、コストが2.5倍になりました。

印刷費用 および 所要時間ともに2.5倍近くになってしまいました。

もちろん、頑丈さは向上するのですが、これなら100円ショップで購入した方が良いんじゃ無いかなと思ってしまいます。(実際、コストが上がると妻に不評です…)

印刷してみて

今回のように、柔軟かつ薄いものを作りたい場合にはスパイラル花瓶モードは便利ですね。

TPUと相性が良いと語られることも多いですが、PETGフィラメント組み合わせると印刷が簡単になって使いどころが多くなる印象です。

このスパイラル花瓶モードは、次のようなものに向くと考えています。

  • 花瓶
  • 食器
  • ボックス など

打倒100円ショップ!を実現するヒントになる印刷方法だなと感じました。

最後まで読んでいただいて、誠にありがとうございました。

記事が参考になったと思ったら、記事のツイートやいいねをお願いします。

いつもの匠
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
https://twitter.com/itsumonotakumi
いつもの 匠

DIYおじんさんの息子です。

3Dプリンタの製作物を投稿するエンジニアです。
1年で1500時間300種類超を印刷してみました。(2021年2月時点)
趣味の3Dプリンタ印刷の楽しさを伝えたいと思って、このブログを始めました。

I want to share the fun of 3D printer printing as a hobby.

【保有する3Dプリンタ】
Prusa i3 MK3S+Ender 3 Pro

いつもの 匠をフォローする
3Dプリンタ
いつもの 匠をフォローする
気ままにDIY生活
タイトルとURLをコピーしました